家作りの第一歩はココから!

民間金融機関の住宅ローン

民間の金融機関で二世帯住宅用に取り扱っている商品と言えば親子リレー返済方式の住宅ローンが代表的です。名前の通り、借入当初は親が返済をしていき、親の収入が無くなったタイミングや定年退職をした時点で、ローンの返済を子供に切り替えて返済していくという住宅ローンです。返済期間が長期に設定できるので毎月の返済額を安くしていく事が可能です。早いうちに繰り上げ返済!という方よりも毎月の生活費を重視したいという方や、所得が低めだったり毎月のお給料が変動しやすいという方にはお勧めのローン返済方法です。銀行によって適用の可能な住宅ローンが変わってきますので、申込の際に必ずご確認下さい。

 

もう一つ代表的な住宅ローンの返済形式としてペアローンが挙げられます。これは二名で住宅ローンを申込、それぞれの連帯保証人になり、借入額をそれぞれ分散させて借入を行う住宅ローンです。各世帯毎に借入を分けて返済していくので、公平な住宅ローンと言えるでしょう。夫婦の共働きの場合、それぞれの名義で借入を行う事にも利用されています。

 

また二世帯住宅で資金を出す割合が違う取り決めの場合は金額を均一ではなく片方が多めに負担して返済を行う事も可能です。

 

このローンを利用した場合、借入をしたそれぞれがローン控除の対象者となります。基本的に住宅ローンを2口で申し込む事と同様になりますので、名義人の1人が死亡した場合、団体信用の保険も1人にしか適用されず、もう一人の住宅ローンは返済が必要になります。また、1人分だけ他の金融機関への借り換えを行う事もできませんので、ご注意下さい。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市