家作りの第一歩はココから!

二世帯住宅のデメリット

二世帯住宅のデメリットとしてよく聞くのは、プライバシーがない!という事が言われます。旦那様のご両親は好意でやってくれる事でもお嫁さんの立場で考えるとプレッシャーになったりストレスを感じる方が圧倒的に多いのです。

 

また、お子さんがいる家庭の場合は教育方針に口を出したり、孫を甘やかしてしまう事に憤りを感じる方が多いようです。ご両親は孫の可愛さに負けてついつい甘やかしてしまいますが、育てている親の立場からしてみれば、それは無責任な愛情でしかないのです。

 

ご両親が年をとっている場合は体力的な部分、家事の量が倍になるという事なども考えておかねばなりません。ご両親も家事を全くしない訳ではないですが、体力的に衰えてきてしまうので洗濯や布団干しなど重いものを運ぶ作業は自然と若いお嫁さんの仕事になってしまう場合があるのです。また、食事のメニューなども気を使わなくてはいけない可能性があります。若い夫婦や小さいお子さんをお持ちのご家庭では洋食を好んで作ったり食べたりする傾向にあります。しかし、年配の方ですと完全に和食の方が多いのです。健康の事を考えれば毎日和食で健康的な食事は大変好ましいと思いますが、実際に作る立場で考えてみると、材料や味付けに気を使ったりと案外気疲れをしてしまうものなのです。

 

結局は他人なので今まで育った環境が違う人と住むに当たって心の準備は必要になります。またこういった問題を解決又は、回避したいのであれば、対応策として生活をしていく上でのルールを決めておいたり、家を建てる前に共有部分を必要最低限に抑えるなどして、無駄な争いを免れるかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市