家作りの第一歩はココから!

リフォーム業者の選び方

最近は無許可の小さいリフォーム業者も増えています。別の事業をメインとしていて片手間で小さいリフォームを請け負っている業者などは建築業の認可が下りていなくても工事を受けてしまう場合もあるので業者を選ぶ際に気を付けて頂きたいものです。

 

数年前に国土交通省が無許可リフォーム業者の取り締まりを強化すると発表を行いましたが、実際には法の抜け穴として建設業法の特例として施工する金額が500万円未満のリフォーム工事場合や施工する金額が1500万円未満の場合、149平方メートル以下の増築については建設業の許可がなくても工事を請け負って良い事になっているのです。実際に作業をしている業者は許可も経験もない業者かもしれません。

 

その他にもトラブルとして施工中にちょっと注文をしたら、追加料金が発生してしまったり、素人と甘くみられて、ずさんな工事をされたりと事例は色々とあります。選ぶ際にはその業者の実績や施工した店舗や民家を確認してみるのも一つの手かもしれません。また金銭的なトラブルの予防策として見積もりの金額内でできる事や要望などは契約前の段階で必ず確認するようにしましょう。

 

また、工事が終わったらもう関係ないと言わんばかりに態度を変えてしまう業者もありますのでアフターケアや相談ができ、信頼のできる人柄なのかも見極めが必要になってきます。また、金額の大小で態度を変える業者も多いのでご注意下さい。それでも信頼のできる業者に頼みたいという方は安い小規模工事をお願いしてみて、それでも態度が良い人柄だったら大きな工事も頼んでみるのも一つの手かもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市