家作りの第一歩はココから!

耐震住宅

建築基準法の規定が1981年に改正され、それ以降に建てられた家は耐震性に優れているという意見が多く聞かれます。

 

阪神淡路大震災でも、崩れなかった家は1981年以降に建築されたものが多く見られたそうです。木造住宅などは、家自体の老朽化なども原因にあるかもしれませんが、耐震を意識した建築というのは、やはり安心できます。地震も増えてきているご時世ですので中古の住宅購入を検討されている方は、確認するべきポイントと言えます。

 

耐震住宅の購入や改修工事を検討している方は自治体によっては補助金を受けられる場合もありますので、お近くの自治体で確認してみてください。

 

また、既にお住まいの住宅が、耐震の改修工事済みの場合でも、耐震基準適合証明書を建築事務所など診断し発行してもらえれば、ローン控除や固定資産税の減税、地震保険割引など、色々な所で得をする可能性がありますので、施工してもらった工務店などに確認してみるとよいでしょう。

 

耐震基準について、注意すべき点は、『絶対に潰れない』という保証では無いという事を理解しておく必要があります。

 

これから耐震住宅や耐震の補強工事を検討している方は特にご注意いただきたいのですが、国土交通省のサイトでも注意を勧告していますが、耐震の診断が義務化されます、などと言って調査費用を騙し取るなど、詐欺被害も広がっていますのでご注意下さい。耐震関連の改修工事や相談などで、少しでもおかしいと感じた時は国土交通省まで問い合わせしてみる事をお勧めします。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市