家作りの第一歩はココから!

太陽光発電

太陽光発電は、大手石油会社の新出光が使用しなくなった、跡地を利用し本格参入するなど、近年とても話題になっています。また、2011年の東北地方太平洋沖地震以降の節電などの影響もあり、中小企業や家庭でも導入が急激に進んできました。

 

あるソーラーパネルメーカーでは週7日24時間稼働で工場を動かしても注文が追いつかないほどで、嬉しい悲鳴も聞こえてくる状態だそうです。

 

太陽光発電のシステムはの金額はここ近年で大分下がって来ました。といっても家庭向けの太陽光発電システムでも100万円から200万円程度とすぐに導入できる金額ではありません。しかし、家庭用の太陽光発電の4キロワットシステムを導入した場合、オール電化住宅で使用しても余剰電力を売ると月間5千円前後の利益が出るそうです。そう考えると10数年程度で利益が出る計算になりますので、長い目で見ると、とてもお得で便利なシステムと言えるかもしれません。しかし、全ては良いことずくめという訳ではありません。

 

余剰電力を販売する利用者が今後増えてくると電力の買い取り額が下がる可能性もありますので、早い時期に導入しておくのも、賢い選択です。

 

モデルケースとして群馬県太田市は自治体が一丸となって太陽光発電に力を入れています。その取組は各小学校の屋上にソーラーパネルを設置するなど様々な実験を行っています。ゆくゆくは市内ですべてを賄い、余った電力を電力会社に販売し利益を出すという事が目標だそうです。今後の取り組みに注目して、実際に導入する際の参考にするとよいのではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市