家作りの第一歩はココから!

将来の介護を考えて

二世帯住宅のきっかけとして、親の老後について考えた結果という方が以外に多い事はご存知でしょうか。

 

デメリットのページではプライベートを保つために分離型の方が都合がいいと述べましたが、将来、親の面倒を見る事を考えると不便になる可能性がある事は念頭に置いておくべき事と思われます。

 

それでは将来の介護を視野にしれた二世帯住宅とはいったどういうものなのでしょうか。

 

バリアフリーはもちろんですが、実際の例を挙げていくと、両親の寝室の近くに洗面所などを設置したり、万が一車椅子が必要な生活になった際に出入りがしやすいように大きめのドアを設置する事も有効です。広さに余裕があるのであれば廊下や階段の広さも考慮すべき点と言えます。また階段の角度も緩く作っておくと上り下りが楽になります。最近のお風呂には設置されている事が多いですが手すりの設置を壁や廊下などに設置しておくのもお勧めです。もし、設置すると狭くなったり、子供の安全を考えた上で今すぐの対応が難しいのであれば後々設置が可能なような壁にして置くといざという時に役に立ちます。

 

全員の体の動く今の事だけではなく、将来体に自由がきかなくなった時の事を考えると、それにあった生活の同線を考える事ができるのです。

 

二世帯住宅で介護をしていくとい事は自分だけで大変な事を抱えむのではなく、みんなでサポートしながら生活ができるという大きなメリットがあります。また、両親の介護についてもそうですが、自分達が子供たちに介護されると考えてみても、介護を前提とした二世帯住宅は将来に対する安心感を与えてくれる事でしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市