家作りの第一歩はココから!

二世帯住宅の名義

二世帯住宅はどのように登記をするのでしょうか。登記の方法は三つに分けられます。

 

まず一つ目は単独登記。この方法は二世帯住宅でも一戸の住宅として登記します。登記する名義は資金を多く出した人の名義にする事が一般的です。しかし何らかの事情で子供名義で登記す場合は贈与税が掛かってくる事もありますのでご自分の状況を必ずご確認下さい。

 

二つ目は共同登記。基本的に一戸の住宅として扱われますが、家の所有者を親と子の両方で登記できる方法です。住宅ローンの控除も二名に適用されます。資金を出した割合に適した登記をすれば贈与税は発生しません。

 

そして三つ目の区分登記です。この登記をするには完全分離型の二世帯住宅である事が条件となります。完全分離型とは階違いや壁を隔てて完全にお互いの住居が独立している二世帯住宅を指します。共同登記を希望して、もし家内のどこかでお互いの住居が繋がっている場合は防火扉を設置し、施錠ができる事が必要となります。

 

何れの登記方法であっても二世帯住宅の形式を確認し専門家や建築を依頼しているホームメーカーなどに確認する事をお勧めします。

 

この登記によって税率も変わってきますのでご注意下さい。単独登記と共同登記の場合は一つの住宅として扱われます。しかし区分登記の場合は住宅が二つあるとして扱われる為、二戸分の税金が発生してしまうのです。

 

この選択によって住宅ローンの契約や先でご説明した贈与税などお金にも関わってきますので、自分たちに合った最善の登記方法を検討段階で考えておくべきなのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市