家作りの第一歩はココから!

二世帯住宅が出来るまで

二世帯住宅を建てよう!と決めた場合、色々な手続きや打ち合わせなどが発生するので予め何が必要か、また二世帯住宅が完成するまでの流れなど把握しておく必要があります。

 

まず、初めにするべき事は、二世帯住宅の建設する為の業者を選定する事です。なじみの業者や付き合いのある知人から紹介してもらえる方はよいのですが、殆どの方が一から業者を探す必要があります。近所の工務店やハウスメーカーに直接相談する事もよいのですが最近はインターネット上で自分の条件に合った業者に一括で資料請求ができるサービスなどもありますので、どうしていいか解らないという方は是非利用してみてください。

 

業者が決まりましたら、どんな家を建てるかを相談していきます。持っている土地の活用や住宅計画など、ここで詳細を詰めていきます。

 

両親に資金を出してもらう場合や貯蓄がある方以外に住宅ローンの借入を行う方は実際の計画を進めながら資金の調達も同時進行で進めなければなりません。ハウスメーカーや工務店から付き合いのある銀行を紹介してもらえる場合もありますが、普段から付き合いのある銀行の場合は直接窓口に行って相談するのが一番手っ取り早いです。

 

借入が決定し住宅計画が決定したら、建築を依頼する業者との契約をし、施工に入っていきます。施工に入ったからと言って業者任せにはせず、きちんと計画通りに進行しているか、注文した通りの設備なのかなど、自分の目での確認を怠らない様にして下さい。実際の注文と違う!などと言って、再工事になったりすると完成が伸びたり、最悪追加料金が発生するなどのトラブルに発展しかねません。

 

施工が完了したら、内部の確認をし、鍵や住宅の資料を受け取って引き渡しとなります。ここで初めて二世帯住宅が手に入るのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市